愛知県史について

資料編2 考古2 弥生

一覧に戻る

資料編2 考古2 弥生

A4判、布クロス装、函入り、872ページ
販売価格 6,500円(税込)
平成15年3月発行
目次(PDFファイル)がダウンロードできます。

1 愛知の弥生時代の遺跡を掲載

 縄文文化と新たに広がった弥生文化が接触する愛知の弥生時代の特色を明らかにする代表的な遺跡を中心に紹介しました。遺跡は、原則として2002年(平成14)3月までに発掘調査あるいは資料が採集された遺跡のうち、遺跡の規模、遺構・遺物の内容、時期、地域性を検討し、353遺跡を掲載しました。

2 県内出土の銅鐸を紹介

 愛知県内で発見された銅鐸の出土地および点数は、所在が確実なものに限ってみても、小銅鐸や飾耳等の破片出土を含め、22遺跡で31個となっています。これに実物の所在が分からない伝承や記録上の銅鐸25個を加えると、合計で56個に上ります。謎の祭器ともいわれる銅鐸のうち、県内出土品について実測図や新たな写真を掲載しました。

【付録】 遺跡位置図

 15万分の1の遺跡位置図が付いています。これを見れば愛知県の弥生時代の遺跡分布状況が一目瞭然です。また、地図の遺跡番号と「第2章 主要遺跡解説」の番号は対応しているので、地図で遺跡の位置を確認しながら解説を読むことができます。

PAGE TOP
メニュー