・解けばどんどん楽しくなる・

古文書解読にチャレンジしてみよう!

このコーナーでは愛知県公文書館で所蔵している史料をテキストにして、古文書解読に挑戦していただくことができます。単に史料の訳文を掲載するだけでなく、史料を読み解く上で参考になる史料解説も合わせて掲載しています。

古文書解読の心構え

「あせらず、あわてず、あきらめず」

古文書解読には、文体に慣れ、幾通りもあるくずし字を覚えて判別し、独特な語句の用法の知識も総動員することが必要になります。
さらに歴史的な知識があると解読の助けになります。
古文書の文字は日本語ですから、わからない字もある一方でわかる字も数多くあるに違いありません。
あきらめずに繰り返し取り組んで古文書の解読に習熟しましょう。
頻出する文字や言い回しは次第に見当が付いて読めるようになるはずです。
古文書解読の心構えは「あせらず、あわてず、あきらめず」ということになるといえるでしょうか。
繰り返し何度も読む努力が上達の鍵です。

PAGE TOP
メニュー